セラピスト・講師プロフィール

在り香  arika 

白井公美子(しらいくみこ)

 

AEAJ認定 アロマインストラクター 

EoH認定 ホリスティックアロマセラピスト ・ファシリテーター

マタニティアロマトリートメント ディプロマ取得 

シータヒーリング プラクティショナー

レイキマスター

アロマセラピストとして東京・目黒区で活動後、横浜の自宅でアロマヒーリングサロン&アロマスクール”在り香”をオープン

 

 

1975年 横浜生まれ横浜育ち。

家族:夫、息子2人、ネコ。 

 

自律神経失調症をきっかけにアロマを学び始め、資格を得て目黒区でサロンを立ち上げ数多くのクライエントと向き合ってきました。

 

アロマセラピーという自然療法は、〇〇作用だけでなくその人そのものを目覚めさせ輝かせるパワフルさを持っています。

「本当はこうして生きたい」という望みを無視して自分も周りもコントロールしようとしたり、自分じゃない何者かになろうと必死になると、心・体・スピリットに不調和が起こる=病気や現実での不調和が起こるということも経験してきました。

 

アロマがセラピーとして素晴らしいのは「嘘がつけないところ」と「自分で気づくところ」、「心と体を同時に癒すところ」です。

 

好きと感じる香り、気になる香りは持っているエネルギーや性質、メッセージなどから本当の自分に気づくきっかけをくれます。 

 

そして人の意識(潜在意識)や思い込みが現実を創っているという体験を自ら経験し、学んできた量子力学をヒーリングとしてセラピーに取り入れることにしました。

 

自分に制限をつける思い込みや罪悪感は手放して、どんどん自分を解放して本来の自分に戻ること。

幸せに生きることを恐れずに、楽しく自由に生きる時、人は自分が望んできた世界の1ピースになることができると信じています。